本文へスキップ

福腎協(ふくじんきょう)は九州の腎臓病患者を応援しています

会長挨拶greeting

 

福岡県腎臓病患者連絡協議会
第9代会長 松 永 榮 一

これまでの50年、これからの50年

 私が 「福腎協」 の会長をお引き受けしたのは、 私自身はもちろん、 社会人生活においての 「透析」 と深くかかわっていたからです。
 半世紀も前、 世の中で 「透析」 という言葉を知っていた人はどれくらいいたでしょうか。 1971年(昭和46年)社会人になって1年ほどたったころ、 上司にから透析になる同僚のF氏をサポートするように言われたことから、 初めて 「透析」 を知りました。 ちょうどそのころ全腎協では、 大蔵省や厚生省や東京都庁や各政党などと協議・要請、 そして国会請願活動や世論へ訴えなど活発にやっていました。 透析治療には多額の費用がかかり、 家を売る家族まで出ていたためでした。
 その結果1972年10月1日から、 腎臓病が身体障害者に認定され、 透析の自己負担が激減しました。 「福腎協」 が創設されたのはその翌年の1973年、 激動の時代でした。
 「福腎協」 も全腎協と一緒になり、 中央労庁や福岡県内自治体などと折衝を重ねました。 これもひとえに患者の悲痛な叫びがあったからです。 私たちはこの事を絶対に忘れてはならない。 これまでの50年は、 今ある透析関連への厚い医療制度を作り上げる時代であったと言えるでしょう。
 さて、 「これからの50年」 は、 どのようになるのでしょう。
 コロナ禍で、 国、 地方自治体は、 財政が逼迫し、 あらゆる制度を見直すことになるでしょう。 このような事態になる前に、 もう一度全腎協も福腎協、 全県腎協一体となっての活動を高める必要があると思います。 この力となるのは、 患者たちの熱い叫びが何より必要です。
 透析の原理(注)は1854年にさかのぼります。日本ではペリーの黒船が来航した時代です。 こんな長い歴史を持つ透析を受け、 命を繋いでもらっている事に感謝しかありません。 50年と50年の節目にあたる9代目の会長を、 心して頑張ります。 応援よろしくお願いします。


   令和4年4月24日

(注)トーマス・グラハムが(牛の膀胱で浸透圧現象を観察し)分離の
  技術を応用して医学分野に活用できるのではないかと推論した。

 

 



福岡県腎臓病患者連絡協議会

〒810-0044
福岡市中央区六本松1-2-16

TEL 092-713-8020
FAX 092-733-4200
E-mail : fjk@titan.ocn.ne.jp