本文へスキップ

福腎協(ふくじんきょう)は九州の腎臓病患者を応援しています

会長挨拶greeting

                  福岡県腎臓病患者連絡協議会
                第8代会長

                    森 満 義 彦







私は、4月の福岡県腎臓病連絡協議会の定期総会において会員幹事の皆様にご推挙ご承認をいただき、第8代の会長に就任いたしました森満でございます。
福岡県腎臓病連絡協議会は、1973年(昭和48年)に発足して今年で46年目を迎えました。当会の発足から、今日の透析医療体制の基礎をつくり、会の発展にご尽力いただいた歴代の会長や役員並びに医療に携わった多くの皆様に深く感謝を申し上げます。この度の会長就任にあたり、私の思いを述べさせていただきます。
私は時折、頭の片隅にふと「恵まれた自分自身について」考えることがあります。「現在の透析医療体制に感謝の気持ちを忘れているのではないだろうか?」「先人の皆様の命がけの請願活動を忘れているのではないか?」と頭を巡らしています。同様な思いをお持ちの方は他にいるのではないでしょうか? 
私は患者でいる限り、患者会活動を続ける限り、この気持ちは忘れてはならない大切な事だと思っています。
福腎協の当面の課題である、患者の高齢化や新規導入の患者の皆様に患者会活動が認知されていない現状を顧みて、今一度、腎友会活動の必要性をご理解いただくこと、浸透させていくことが私の使命だと思っています。
これまで、会の執行部の皆様のご苦労を顧みて感謝するとともに、私なりに考え、色んな所に出向き、より多くの患者や家族の皆様のお知恵をいただき役員と力をあわせ、先人の皆様が立ち上がった当時を思い起こし、塩屋会長がすすめられた活動を継承し、福腎協が一層、全国の患者会の目標となるよう努めてまいりたいと思います。
会員の皆様、活発で建設的なご意見をお寄せください。一緒に新体制の福腎協を創っていきましょう!

 平成30年5月

 

 



福岡県腎臓病患者連絡協議会

〒810-0044
福岡市中央区六本松1-2-16

TEL 092-713-8020
FAX 092-733-4200
E-mail : fjk@titan.ocn.ne.jp